乙女屋アンティーク着物の        コーディネート紹介       乙女系~粋系まで


by otomekimono

竹久夢二のように着こなして…縞の着物と椿の羽織

竹久夢二の描く着物といえば、、縞や幾何学模様が多いですね

そんな一見なぁんてない着物をとりわけ素敵に見せるのが

彼の得意技のように思います。

夢二のようにかわいく、かっこよく着こなすには

やっぱり、小物の色使いや組み合わせなのでしょうね。


いつもそんな着こなしができたらいいなと思っています。



a0150487_0464875.jpg



そして、あまりきっちりと、折り紙みたいにカッチリ着るのも好きではないです。

たまに、補正しすぎて、肩が四角になってるのを見かけますが、あんまりです…

もっと、自然に、心地よく…  


今日は、ボルドーと渋いブルーの縞の着物に

紗綾型にポップにデフォルメされた椿の羽織です。

羽織を合わせる時、失敗しないコツは

色のトーンを合わせる事。

羽織の色の一部を着物の色と合わせるとより失敗しにくいと思います^^




着物と羽織は、もうすぐオークション出品します!
乙女屋のオークションはコチラから☆




-------------------------------------------------------------
にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村
    ↑ ↑
    ランキングに参加しています。ココをポチッと押してくださったら嬉しいです。
     応援ありがとうございます。いろいろな方の着物ブログが覗けますよ^^
[PR]
by otomekimono | 2011-08-09 01:19 | コーディネート