乙女屋アンティーク着物の        コーディネート紹介       乙女系~粋系まで


by otomekimono

単衣のアンティーク小振袖 *アザレア*

a0150487_031077.gif




とても美しいぼかし染めの 単衣の着物。
とぉっても綺麗な薄グレー~青紫のぼかし染めに桜の様なアザレアの花。
朱色の花もかわいいですが、ラメをかけた青地の部分の花柄は特に美しいです。
所々に刺繍も施して、袖丈も長めですのでまるで小振袖のような華やかさがあります。
ちょっとしたパーティーにも良さそうです☆

アンティークらしいとても素敵なお品です。
わずかに薄ジミございますが、衿元がきれいですので 着用できると思います。
どなたか素敵に着て下さったらうれしいです!
ただ今オークションにて出品中です。(4月10日22時9分終了)


a0150487_0381327.gif



私は貧乏性なのか、着物をばらしてはぎれにしたり、
リメイクにすることがなかなかできません。 
よっぽど、よっぽど大きくて取れない汚れや傷みがあったりした場合は
仕方ないのかもしれませんが…
アンティークの着物が切り刻まれていく様子はあまり見たくないのです。
実は、何かを作ろうと思って買ってきた布でさえ、
切ることが出来ないことがあるくらいです。
(これって重症…おバカ?ハンドメイドが向いてないなぁと思う時も!)
でも、昔の方はとってもとっても 布を大事に大事にしていたのですよね。
1枚の布が出来るまでにどれほどの時間と労力がかかったかと思うと
はさみを入れることをためらってしまいます。

長い年月を乗り越えて、少しでも良い状態で残っていてくれた事に感謝しています。
出来るだけ、着物としての状態で長く受け継いでいくことが出来たらとてもうれしく思います。
[PR]
by otomekimono | 2010-04-03 00:46 | コーディネート